かわいい時の思い出を大切に残すマイガーデン-庭のリフォーム | 開発設計 一級建築士 建設コンサルタント 労働安全コンサルタントの株式会社エコマック


トップページ > 「住む」と「働く」幸福度向上委員会 > talk-to-oneself > かわいい時の思い出を大切に残すマイガーデン-庭のリフォーム

かわいい時の思い出を大切に残すマイガーデン

あっ~、雨だあ。
広くて土の匂いのする庭。
子供たちが、土を掘り返したり、もらってきた色んな種を植えたり。
庭いっぱいに棒でお絵描きもしていたなあ。
その子達も、もう大学生。
もう庭では遊ばない・・・。
それどころか、文句を言われてしまう、“雨の日の庭”。
かわいい靴も、庭を歩けば、泥がつく。
<こんな日は、違う靴にすればいいのに・・・>
かっこよくきめて出かけていった息子も、茶色の泥の水玉がはねたと言い部屋へと逆戻り。
<大丈夫、全然目立たないよ・・>
雨の中、わざと泥んこの水溜りに靴を沈めたりする息子は遠い、遠いむかし。
楽しく、快適な庭も、年齢と共に変わっていくのは仕方ないことね。
このお庭・・・。
小さかった時の子供たちとの想い出も少し残して、もう少し暮らしやすくリフォームしようかな。
家族みんなが、幸せに過ごせる毎日・・・。
それもまた、私の幸せね。
小さい頃、森から拾い集めてきたドングリを、かわいい小さな手で植えたあの日。
かわいい芽が顔を出し、子供たちと同じようにぐんぐんと大きくなったね。
私たち家族の背丈を、追い抜いてしまったのは、もうずいぶん昔。
この庭をリフォームする時がきても、このドングリの木は残しておこう・・・。
「いつか“トトロの住む森”にするんだ」と、はしゃいでいた2人のこと、忘れないようにネ。