まさに夢にまで見た素敵なキッチン-キッチンのリフォーム | 開発設計 一級建築士 建設コンサルタント 労働安全コンサルタントの株式会社エコマック


トップページ > 「住む」と「働く」幸福度向上委員会 > talk-to-oneself > まさに夢にまで見た素敵なキッチン-キッチンのリフォーム

まさに夢にまで見た素敵なキッチン

主人が定年退職を迎えた。
それから間もないある日、あの人は私に話があると言った。

長い間ありがとう。
私が無事、仕事を続けてこられたのも、君がいてくれたからだよ。
寒い冬の朝も、冷たい水でお米をとぎ、私が起きて来る頃には、温かいご飯が炊けている。
熱い味噌汁と、美味しい漬物。
それを食べて、私は元気に仕事に出かけられた。
本当に感謝しているよ。

えっ~、どうしたの?
今までこんなこと言ったこともないじゃない?
どこか具合悪いの?
大丈夫?

この台所も不便だっただろう?古い家だったし。
僕からの感謝のしるしだよ。
ちょっと後ろ向いていて・・・。

えっ~、何?どうしたの?

どっか~ん。
ものすごい音と煙があがった。
そして煙が消えた後、そこには、白くて、清潔で、そして素的なキッチンがあらわれた。
うそっ~、何これ?
私は近寄り、ピカピカのシンクやIHクッキングヒーターを眺めていた。

おいっ、大丈夫か?おいっ。
あれ?また違うところで主人の声が聞こえるわ。
えっ、でも、ここは真っ白なキッチン・・・。
あれっ~、これは真っ白なシーツ・・・。それを私は頭から被っている。
何?なに~・・・?
夢?夢だったの~~~。