子どもと一緒にお料理しましょう-キッチンのリフォーム・3 | 開発設計 一級建築士 建設コンサルタント 労働安全コンサルタントの株式会社エコマック


トップページ > 「住む」と「働く」幸福度向上委員会 > talk-to-oneself > 子どもと一緒にお料理しましょう-キッチンのリフォーム・3

子どもと一緒にお料理しましょう

最近、小学校にあがった娘はよく私のお手伝いをしてくれる。
キッチンに可愛い踏み台を抱えてきて、
あなたにはまだまだ高すぎる調理台で、
お野菜を切ったり、フライパンで炒めてくれたり。
とても助かるのよ。
でも、今までママがお料理している間、
あなたは、まだいたずら盛りの2歳の弟の様子をよく見ていてくれたわ。
絵本を読んだり、積み木で遊んであげたりして・・・。
それは、ママにとっては、とても大助かりだったのよ。
だって、ここでお料理していると、チビちゃんの遊んでいるお部屋って見にくいでしょ。
あなたが相手をしてくれていて、ママはすごく安心してパパッとお料理ができました。
一緒にお揃いのエプロンをつけて、お料理できるようになった今もすごく幸せよ。
でも・・・。
ドッタ~ン。
そ~ら、きた。チビチビが何かしでかしたかな~?
はっ~、おもちゃ箱ひっくり返しちゃっただけね。
よかった~。怪我しなくて・・・。
そうそう、前は静かに遊んでいると思ったら、
新品のハンドクリームのふたを開け、ぜ~んぶ、畳や洋服やカーテンに塗りつけてくれていたのよね。
唖然とするママに満面の笑みを返してくれてね・・・。
う~ん、静かだと思っても怪しい行動がいっぱいね。
好奇心いっぱいのあの子には、見るもの全てが、楽しいおもちゃなんだものね。
チビちゃんの様子見ながら、あなたとクッキーやケーキ焼いたりできたら幸せね。
でも、あのチビッコ・ギャングは、甘い匂いに誘われて、キッチンまで侵入し、
この部屋を粉だらけにするかもしれない。
う~ん、私のささやかな幸せはまだ遠いかなあ・・・。